Wild Marmalade Japan Tour 2015 -FLUX-

2015年7月4日(土) 
名古屋 BOTTOM LINE
Special Guest
Dachambo
nago
Light Show: Flower Head Land
開場19:00 開演20:00
前売り¥4,500 当日¥5,200 ※ドリンク代別途¥500
チケットぴあ ローソンチケット e+
主催: ZIP-FM
問合せ:ボトムライン052-741-1620
http://www.bottomline.co.jp/

WILD MARMALADE

ワイルド・マーマレード

オーストラリアの最東端、オーガニックライフを創出する街として有名なバイロン・ベイをホームタウンとする 今や「オーガニック・ダンス・ミュージック」の代名詞とも言えるワイルド・マーマレード。 世界最古の木管楽器ディジュリドゥを変幻自在に操るサイと超高速リズムをキメまくるドラムのマット・グッドウィン。 この2人の最小ユニットから繰り出されるグルーヴはバイロンベイのみならずポルトガルのBoom FestivalやハンガリーのOzora Festivalなどのビッグフェスティバル、さらにはヨーロッパ各地やカナダなど世界各地のダンスフロアーを熱く盛り上げている。 そしてこの日本はワイルド・マーマレードにとっては特別な場所で今までに70本近いライブを行い数多くのファンからの絶大な支持を得ている。 ディジュと太鼓だけのシンプルで原始的といっていいような楽器構成だが、そこから放たれるグルーヴは太古の時代にトリップしたようなピュアな感覚に誘われ身体全体が本能の赴くままビート合わせてに動き出す、まさに「トランス」状態となって踊らずにはいられなくなってしまう圧巻のステージングは多くのリピーターを生み出している。 そして、4年ぶりのニューアルバム「FLUX」は彼らの日本での長いキャリア初となる、日本のダンスミュージックシーンをリードするレーベル「Wakyo Records」からのリリースが決定!アルバムにもフィーチャーされたフラメンコギターのポール・ジョージを伴っての新たなライブは2013-2014年の年越しフェスWood Ford Festival でベストライブの1つに数えられたほどそのクオリティの高さは保証み。
Si Mullumby(didgeridoo) Matt Goodwin(Drums) Paul George(Guiter)
WILD MARMALADE公式サイト
WILD MARMALADE公式Facebook
ジャパン・ツアー専用Facebook

4年ぶりのスタジオ・アルバムは初の日本国内レーベルからリリース!

Wild Marmalade/FLUX

世界最古の木管楽器ディジュリドゥとドラムの最小ユニットにフラメンコギターが絡むワイルドマーマレード待望のスタジオアルバム完成!

☆日本盤限定ボーナストラック収録
発売:Wakyo Records / 販売:株式会社KADOKAWA メディアファクトリー

DACHAMBO

ダチャンボ

日本が宇宙に誇るサイケデリックJAM BAND、もしくは快楽探求楽団。ツインドラムにディジュリドゥー、極太ベース、爆音ギター、そしてデジタル音からなる、ジャム、トランス、ラテン、ファンク、サイケ、オーガニック、民族音楽といったジャンルの枠をひょいひょいと変幻自在に飛び越えるPEACE&SMILEに溢れた 彼らのライブは、自分達とその場に息づく空気、居合わせたお客さんとのバイブレーションの交換から生まれ、常に変化しつづける形容のしがたい、することの出来ない音を産み続けてゆく。それは「人が踊る」ことへの初期衝動を覚醒させる中毒性をもったサウンドであり、現世と彼岸の境界線を遥かに越えてビヨンド・ビリーヴな踊りのサークルから生まれるカオスでもある。そんなDACHAMBOの世界観にグイっと惹き付けられた老若男女によって、草の根的に”DACHAMBO村”日々拡大中。 Gravity Freeデザインのド派手なバイオディーゼルBUSに乗り全国のフェスやパーティに駆けつけてはシーンを騒がし、『FUJI ROCK FESTIVAL』『朝霧JAM』『RISING SUN ROCK FESTIVAL』『SunSet Live』等の国内主要ビッグ・フェスを総ナメに。ついにはフェス番長(YAHOO認定)の称号までいただき、パーティーシーン・JAMBANDシーンに無くてはならない存在として活動を続けている。 結成10周年をむかえた2011年には、毎年恒例となっている自主運営の野外フェスHERBESTAを1万人規模の無料フェスとして拡大開催。WOOD STOCKの再来かもと言わせる治外法権な天国を地上に現出させる。ルールの無い、参加するものの愛とモラルに頼った独自の運営方法も高く評価され、主旨に賛同して集まってくれた多くのアーティストの協力もあり、大成功を収めた。
DACHAMBO公式サイト

nego

ネゴ

2008年結成。 現在は向山聡孝(バイオリン、ギター、ダブエフェクツ)、mitchel(映像)、中島一城(ベース)、Gan(ギター、タブラ)の四人で活動。ライブでは演奏と映像がリアルタイムに絡む、ハイブリッドなダンスミュージックを展開。様々なジャンルを取り入れながら、独自の"ループミュージック"を追求。
2011年、2012年に「KAIKOO POPWAVE FESTIVAL」に出演。2014年4月、Bayon Productionに移籍。
2015年5月、3枚目のオリジナルアルバム「THE WORLD」をリリース予定。

nego公式サイト

FLOWER HEAD LAND

フラワーヘッドランド

OHP(オーバーヘッドプロジェクター)を使ったアナログライティングが得意な愛知県在住のライティング部隊。60年代や70年代の技術を元として、現代風に日々進化中。Rock on the Rock、 FUJI ROCK Fes、 Oshino Dead、ひかり祭、METAMORPHOSEなどで演出。完全手動ながらまあまあ良い反応を得る。他にも学校、マンション、廃屋、橋げた、庭、カフェ、学校などなど様々な場所に出没するぞ。Love&Peace!Enjoy!